LOG IN

虐げられた子が詩う

目 次 ■ もっと狂気を ■ 母のニオイ■ 母の日に寄せて ■ 協調性の正体 ■ 不用な子供 ■ 男の子だったなら ■ 泣けない子供■ 絶対的少数派■ 捨てられて拐われて■ 生贄の家出■ 我慢するしかなかった■ 知らない私を想って ■ 冷たい心■ 夢の見方■ 震えるヤマアラシ■ 防御の一手■ 獣の執念■ 一夜だけの逃避行■ 凶暴な種■ 虐待の後遺症 ■ 世間の掟 ■ 理由な

もっと狂気を

充分狂っているだろういやいやまだまだ欲望の底が見えないんだ狂気を抱えて隠してるんだ単純に言えば絶叫の衝動キャッホーって叫びながらあいつもあいつもあいつもあいつも陽気に喉を掻き切ってやってさスキップしながら油を撒いて歌って踊ってそこかしこに火をつけまくりタワーに登って拍手喝采跳び降りてぐちゃ立ち上がったら街中の泣いてる赤ん坊を蹴り上

母のニオイ

お母さん実はねお母さんのニオイって気持ち悪くて吐き気がするのです砂糖入りの牛乳が少し腐ったようなニオイお母さんもわたしのこと気持ち悪いと言いますね顔も声も嫌いだと怖気が走ると言いますねだからこれはお互い様あなたが産んだ四人の子わたしだけがちっとも母に似ていない母は重度のナルシスト似てない娘は耐えがたいわたしの声を聞くと頭痛がすると

母の日に寄せて

白詰草の花冠野花を集めた小さな花束母の日の赤いカーネーションどれも全部捨てられた迷惑そうに捨てられたお母さんねカーネーションが嫌いなのそれは先生が配ってくれてお母さんに渡しなさいって宿題みたいなものだった嫌いなのよ何も言わずそっと捨ててくれたなら私は困らないで済んだ母の日は嫌いだよそれは今の私の言葉目にするだけで不快になるだから五

協調性の正体

クラス中から爪弾き別にどうってことはない本を読んでいればいい孤高の人を気取っていじめへの参加要請だってアイツ生意気じゃん子供じみて馬鹿馬鹿しい格好悪いことはしたくないパスと言って踵を返したアイツも生意気だって声別に庇ったわけじゃない自分を傷つけないだけで半年以上続いた孤立いつしか母に気づかれた協調性がないお前が悪いそれじゃあ一緒に